【年間1,500万円のネット広告を無料掲載】Google Ad Grantsをやってみよう!

最終更新日

Comments: 0

世界的なインターネット企業 Google社の行っている非営利団体向け広告サービス、Google Ad Grants、についてご紹介したいと思います。

Google Ad Grantsとは?

Google社の行っている、非営利団体向け広告サービスです。
ポリシーに沿った非営利団体なら、毎月10,000米ドル(約120万円)まで無料でGoogle検索広告を掲載することができます。
年間では、なんと120,000米ドル、日本円で約1,500万円になります。

社会貢献も重要視している、Google社らしいサービスとなります。「1か国ずつ、世界を変える 」がテーマで、50地域20,000団体が参加しています。

下記に、Google社公式の紹介動画を掲載しています。
よければ、まずは見てみてください。
英語ですが、翻訳ボタンから日本語の字幕翻訳を表示させることができます。

Google Ad Grantsでは、何ができるのか?

Google検索広告を無料で掲載することができます。
ただし、「Google検索広告と言われても…」、という方も多いと思います。

Google検索広告とは何か?

Google検索広告とは、Google検索をした際に、検索結果として広告が表示されるものです。

具体的に見てみましょう。
パソコンで「寄付」とGoogle検索をした場合、次のように表示されます。
緑枠部分に表示されているのが、Google検索広告です。

Google検索結果

青枠の部分は自然検索と呼ばれるもので、Webサイトを作成すると自動的に表示されるようになるものです。
自団体のWebサイトを検索してみたことがあるのではないでしょうか。
例えば、自団体名で検索すると、たいていの場合は上の方に自団体のWebサイトが表示されます。

しかし、他の単語で検索した場合はどうでしょうか。
関係がありそうな単語でも、なかなか上の方には表示されないのではないかと思います。
上の方に表示されないと、Webサイトを見てもらえる可能性が極端に減ります

この、なかなか上の方に表示されない時に有効なのが、Google検索広告です。
広告を出すことで、問答無用で上の方に表示させることができます

基本的には団体に関連する単語を自由に選択して、広告表示させることができます。
例えば、捨て猫保護の活動をされている団体の場合、

  • 「捨て猫 保護」
  • 「捨て猫 ボランティア」
  • 「捨て猫 飼いたい」

などの単語を選択して、広告表示させる事ができます。
ただし、

  • 「猫」
  • 「ボランティア」
  • 「寄付」

といった、シンプルな単語については、NGと考えておいてください。

Google検索広告を利用するメリットは?

様々な単語で表示させ、Webサイトへの訪問者数を増やすことができます。

Webサイトやブログを作成し運営したり、FacebookやTwitterなどのSNSで情報発信をされている団体も多いと思います。
ただ、多くの団体の場合、なかなかWebサイト経由でお問い合わせや寄付が増えているとは言い難い状態なのではないでしょうか。

この状況を打破する一助となるのが、Google検索広告です。
Google検索広告を利用することで、爆発的にWebサイトへの訪問者数が伸びる可能性があります

Webサイトを訪問するユーザーが増えれば、

  • 寄付、ボランティアの問い合わせが増える
  • 一般の方に、団体や活動を知ってもらえる
  • 要支援者に、団体や活動を知ってもらえる

と団体の活動がより促進されます。
せっかくつくったWebサイトに誰も訪問してくれない状況が続いているならば、利用するメリットは非常に大きいです。

では、デメリットは?

主に下記の3つが挙げられます。

  • 定期的にチェックを行う必要がある
  • 多少の知識が必要となる
  • 団体の活動などへの審査がある

ただし、 Google社ではよりハードルを下げるためのシステムや、学習用の動画や資料などを準備しています

また、年間約1,500万円の広告掲載を無料で掲載できるのをみすみす逃す手はありません。
間違いなく、団体の活動にプラスになると思います。

ぜひ、ハードルを乗り越えて、利用して頂ければと思います。

どうやったら利用できるのか?

Google Ad Grantsを利用するには、まず、団体が参加資格に該当する必要があります。

どのような非営利団体が利用できるのか?

どの非営利団体でも自由に利用することはできません。
利用することができるのは、下記の資格を満たしている団体のみです。
※下記、Google社サイトより引用

  • 事前に Google for Nonprofits | 非営利団体向けプログラムにお申し込みいただいており、慈善団体としての認定を受けていること。各国における慈善団体の定義については、Google for Nonprofits | 非営利団体向けプログラムのサイトをご覧ください。政府の機関または団体、病院や医療団体、学校、学術機関、大学は、Google for Nonprofits | 非営利団体向けプログラムの対象外です(ただし、教育団体の慈善事業部門は対象となります)。
  • Google が必要とする条件(不当差別について、寄付の受領および使用について)に同意していること。
  • Ad Grants ウェブサイト ポリシーに準拠した高品質なウェブサイトを開設していること。
  • Google for Nonprofits | 非営利団体向けプログラムに登録した後の Ad Grants 事前審査手続きで承認を受けていること。

少しわかりにくい文章かとは思いますが、下記の団体に該当することが大前提となります。
まずは、この参加資格を満たすかどうかを確認してください。

参加資格を満たす団体

  1. 市や都道府県により認定された特定非営利活動法人(NPO)
  2. 市や都道府県または厚生労働省により承認された社会福祉法人
  3. 公益認定等委員会により認定された公益社団法人または公益財団法人
  4. 法人税法に定められている非営利型法人に該当する一般社団法人

参加資格を満たさない団体

  1. 政府事業体、政府組織
  2. 病院、ヘルスケア企業
  3. 学校、教育機関、大学(教育団体の慈善事業部門は対象)

※学校、教育機関、大学については、Google for Educationというサービスが存在しますが、ここでは説明は省きます。

その他に、確認することは?

Webサイトについての確認が必要になります。
Webサイトがあることは大前提ですが、重要な点は下記です。

  • 営利目的の活動についての制限
  • Webサイトに広告が表示されるかどうか

まず、Webサイトが営利活動を目的にしている場合は利用できません
あくまで、非営利活動を目的としている場合にのみ利用できます。
ただし、限られた営利活動の場合は利用できることがあります。

また、Webサイトに広告が表示されるかどうかも重要です。
広告が団体の活動に沿っており、目立たないものであればOKです。
Google AdSenseやアフィリエイトの掲載はNGとなります。

細かなポイントも多く、最終的な判断はGoogle社にあるため、詳細には述べられませんが、下記を一読されるとよいかと思います。

ただし、迷った場合はとりあえず申請を行ってみるのがポイントです。
どちらにしても、多少時間がかかるため、とりあえずダメ元でやってみることが大切です。

利用までの具体的な手順は?

いくつかのステップがあります。

まず、Google for Nonprofitsへ申込み、をする必要があります。
その上で、Google Ad Grantsへ申込みをします。

Google for Nonprofitsへ申し込むためには、TechSoup Japanへ団体登録をし、NPOヒロバへ情報提供を行う必要があります。
そのため、下記の手順となります。
※NPO法人の場合

  1. TechSoup Japanへ団体登録
  2. NPOヒロバへ情報提供
  3. Google for Nonprofitsへの申込み
  4. Google Ad Grantsへの申込み

少し手間がかかりますが、このブログでも申込み方法を紹介していきますので、少しずつ進めてみましょう。

Google Ad Grantsの情報が掲載されているサイト

Google Ad Grantsの情報が掲載されているサイトから、独自情報が多めのサイトをまとめました。
ぜひ参考にしてみてください。

note(ノート)
Google Grantspro 承認から1年、順調に広告活用中|ぷるすあるは|note
https://note.mu/pulusualuha/n/n6a3df3cef109
こんにちは。ぷるすあるはIT・WebチームのKevinです。 昨年、「日本初のGoogle Grantspro 承認を頂きました〜非営利団体向けの広告補助金プログラムの活用」の記事を書いてから、1年が経過しようとしております。 その後の広告活用状況について、お伝えしたいと思います。 *** 月間30,000回以上広告がクリックされている クリック率2.7%弱 開設からのサイトユーザー53万人 記事を書いた(2016年9月)頃は、月間に20,000回程度広告がクリックされていましたが、最近では30,000回を上回る月が連続しております。 これは、ほぼGra...

まとめ

Google社が、非営利団体向けに行っているサービス、Google Ad Grantsについて概要を説明させていただきました。

年間約1,500万円の広告配信を無料でできるという、非常に魅力的なサービスです。
想像している以上の効果があることは間違いありません。

ただし、団体登録や審査があり、専門知識も必要となるため、ハードルがあるのも事実です。

自団体で進めたい場合は、まずは、Google for Nonprofitsへの申込みをすることから始めると良いと思います。
また、自団体ではハードルが高すぎるという場合、一度、NPO法人向けのサービスを行っている広告代理店やWebサイト制作をしてもらっている会社に話をしてみる、のもひとつの手です。

参考:NPO法人向けサービスを行っている広告代理店など

NPO法人向けのサービスを標榜している広告代理店などを、いくつか挙げさせていただきます。
※関係先ではありませんので、お問い合わせは各団体の責任にてお願いします。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする