Google Ad Grantsで、低品質キーワードを自動停止する方法とは?

最終更新日

Comments: 0

Google Ad Grantsでは、品質スコアの低いキーワードがあると、アカウントが停止されます。
そこで、Google Ad Grants(Google広告)で、品質スコアの低いキーワードを自動で配信停止する方法をお伝えします。

品質スコアとは?

Google Ad Grantsでは、次の3つの指標を、キーワードごとにチェックしています。

  1. 推定クリック率
  2. ランディングページの利便性
  3. 広告の関連性

この3つの指標から算出された数値が、そのキーワードの品質スコアです。
要は、そのキーワードで広告配信するのが適切かどうかを自動判定したもの、です。
10段階で、10が最高、1が最低です。

Google Ad Grantsでは、品質スコアが1または2のキーワードが、1個でもあると広告配信が停止されます
その場合、
品質スコアを改善することも可能ですが、ビギナーの方はキーワードを停止してしまうことをオススメします

自動化ルールとは?

自動化ルールとは、Google Ad Grantsの様々な機能を自動設定するものです。
例えば、

  • 明日の15時に広告配信を停止する。
  • 停止していた広告を一週間後に再開する。
  • 表示回数の少ない広告を停止する。

など、幅広く色々な条件で設定することができます。
ただし、設定ミスが起きやすい機能なため、紹介するもの以外は基本的に利用のオススメはしません

自動化ルールの設定方法

では、実際に、「低品質キーワードの停止」を行う自動化ルールを設定しましょう。

①キーワードの画面に移動

キーワードへ移動のキャプチャ

②詳細を選択

詳細を選択のキャプチャ

③自動化ルールを作成を選択

 自動化ルール作成選択のキャプチャ

④自動化ルール作成の画面へ移動

自動化ルール作成画面へ移動のキャプチャ

⑤「ルールの種類」、 「キーワードに適用」、「要件」を設定

各項目設定のキャプチャ

⑥「要件」で「品質スコア」を選択

品質スコア選択のキャプチャ

⑦要件に、「<3」を設定

品質スコア設定のキャプチャ

⑧「アクションの頻度」 、「メール通知」、「ルール名」を入力し、プレビューをクリック

各項目設定のキャプチャ

⑨プレビュー画面で、停止されるキーワードの一覧をチェック

プレビュー画面のキャプチャ

⑩自動化ルールを保存

自動化ルール保存のキャプチャ

⑪自動化ルール一覧へ移動

自動化ルール一覧のキャプチャ

⑫自動化ルールが設定されていることを確認

自動化ルール確認のキャプチャ

⑬ルールの履歴を確認

自動化ルール履歴のキャプチャ

以上になります。

注意

自動化ルールは設定を間違うと、広告が配信されていないなどの事態に陥りがちです。
僕も、何度か設定ミスをしたことがあります…。
必ず2重3重にチェックして、設定してみてください。

シェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


コメントする